敏感肌さんに贈るクレンジング比較サイト

敏感肌の人のためのクレンジング選びガイド

第一位

YOKO クレンジングクリーム

低刺激なクレイクレンジング・YOKO クレンジングクリーム150g/4,320円
低刺激
評価5
洗浄力評価5
肌トラブルに悩む人のために開発されたクレンジング。天然クレイの力で、毛穴の奥にある汚れまで優しくオフする。

詳細はこちら

第二位

シスレー リィスレデマキアン

シスレー リィスレデマキアン250ml/11,772円
低刺激
評価3
洗浄力評価4
メイクと一緒に余分な皮脂も落としてくれる、さっぱりした使用感。マイルドなテクスチャーで肌すべりも良い。

詳細はこちら

第三位

ゲラン シークレットピュリティ

ゲラン シークレットピュリティ クレンジングミルク200ml/7,344円
低刺激
評価3
洗浄力評価3
ロータスの花から抽出したピュアエキスを配合。メイクや汚れを落としながら、沈静効果で肌の赤みを改善する。

詳細はこちら

HOME » 敏感肌のスキンケア基礎知識 » “バリア機能”がキモ

“バリア機能”がキモ

敏感肌はどんな肌状態なのかを知った上で、クレンジングやスキンケア化粧品選びで大切なことをアドバイス!

敏感肌はバリア機能の低下が原因です

「肌のバリア機能」ってよく聞きませんか?

これは乾燥肌さんは特に知っておく必要があります。

人の皮膚というのは、気温の変化や雑菌、乾燥などの外部刺激をブロックしてくれる役割があります。

このバリアのような働きを、バリア機能と呼んでいるんですね。

このバリア機能が低下してしまって刺激に過敏になってしまいトラブルが多くなった肌。これを敏感肌と言うんですね。

普通の人よりもとっても肌が刺激に弱く、過敏に反応してしまいます。

だからこそ、敏感肌さんは低刺激のものを選んでスキンケアをしていますよね。

間違ったスキンケアをしてしまうと、逆に敏感肌が悪化したりしてしまうんです。

逆に良いスキンケアをすると、バリア機能がアップして敏感肌が改善していきます。

バリア機能にダメージを与えないクレンジングって?

敏感肌さんにとって大切なのは、肌のバリア機能にダメージを与えない方法でスキンケアをおこなうことです。
どんなに優れた洗浄力や美肌効果がある化粧品を使っても、バリア機能にダメージを与える成分が含まれていると、肌荒れや炎症を起こしてしまうかも。

バリア機能は、肌の乾燥によってダメージを受けます。そのため、保湿ケアを怠ると、バリア機能が低下して乾燥肌や敏感肌に。
スキンケアだけでなく、洗顔も大切なポイントです。特にクレンジングは、バリア機能にダメージを与えるきっかけになるので要注意。

メイクを落とすためのクレンジングは、油分を落とす性質を持っています。メイクや皮脂による汚れだけを落とすなら問題はありませんが、お肌に必要な油分やうるおいまで洗浄してしまうものも。

中でも、合成界面活性剤などの成分には注意が必要です。洗浄力が高い反面、必要なうるおいなども洗い流してしまうため、肌が乾燥しやすくなります。バリア機能にダメージを与えて破壊するので、敏感肌の症状が悪化する可能性もあるんです。

美容成分などが豊富に配合されている化粧品は確かに魅力的ですが、上記の成分が配合されていると、肌を傷めてしまうかもしれません。
刺激に負けない肌を作るのは、肌の美容と健康を維持するためにとても大切なことなので、美肌成分の多さよりも肌の負担になる成分がいかに少ないか注目して選ぶようにしましょう。

おすすめは、肌に無理なく働きかける天然の成分を配合しているもの。植物由来の成分やクレイ、天然水などは、敏感肌に嬉しいさまざまなパワーを持っています。それを利用して洗浄や整肌効果を発揮するコスメだと、バリア機能を守りながらスキンケアできそうですね。

季節に応じたケアも取り入れましょう

敏感肌と聞くと、一年中肌が乾燥している状態だと思いますよね。

でも実は季節ごとに肌の状態は変わっているんです。

特に冬は冷たい風を受けるだけでも肌がどんどん乾燥してしまいます。

寒い外や暖かい部屋、気温の変化も大きいので、常に肌の潤いが奪われがちになりますよね。

敏感肌さんは特に冬は保湿をアップさせて、肌を守る必要があります。

例えばいつも使っているスキンケア商品を、保湿効果の高いものへ変えてみたり、美容液をプラスしてみましょう。

毎日ちょっとした事でも、肌の潤いをアップさせることが出来ます。

バリア機能を守る保湿効果が高いクレンジングはこちら

 

敏感肌に優しいクレンジング比較

敏感肌さんにおすすめのクレンジング

敏感肌の私がランキング1位クレンジングをレポート

敏感肌のスキンケア基礎知識